水彩画を気軽に楽しむコツ

水彩画に適した「紙」は、水彩専用などとして画材ショップなどでみつけることができますが、通常の画用紙から比較しますと割高ではありますので練習用に購入される方は、ご自身の成長具合に合わせて道具として揃えられることをおススメいたします。

水彩専用用紙の特徴は描味にあります。水彩専用とうたっていることもありますが、発色が良く、絵の具の伸びにもその特徴が活かされております。

一度、良い紙を使ってしまうと安価な紙に戻れなくなってしまう方も多いですが、自分の描きたいものが描ける道具(紙)をみつけることで水彩画の上達も早くなるはずです。

画材屋さんでは、水彩専用の紙を何種類もみつけることができるはずです。